具体的なMRの職業概要

MRの仕事ってどんな内容なの?

MRは医薬情報担当者のことを指します。基本的に資格などは必要なく、製薬会社にMRとして採用さえされればMRとして働くことが可能です。ただMR認定試験というものがあり、義務ではありませんが病院や薬局などの医療機関の信頼を得やすいためこの試験を合格してMRとして働いていることがほとんどです。
では実際の仕事内容ですが、大きく分けて2つあります。
まず1つ目が自社の製品を売り込む営業職としての仕事です。新薬が開発されたりするとそれを病院の医師や薬剤師にPRしなければなりません。そのため医師や薬剤師と対等に渡り合えるぐらいの知識やコミュニケーション能力が必要とされます。数多くの医療機関を訪問しなければいけないため体力も必要とされる仕事です。
次に医薬品の情報を提供したり収集したりする仕事です。病院や薬局から医薬品の使用方法や効能効果、安全性に関する質問に全て対応しなければなりません。つまり自社の製品に関しては医師以上に熟知しておく必要があるのです。また医薬品の有効性や副作用の情報を収集することもMRの重要な役割です。これらの情報は厚生労働省に報告することが義務付けられていますから医療機関から報告があった場合には実際に出向いて調査しなければなりません。
以上が大まかなMRの仕事です。激務ですから知識だけでなく体力も必要な仕事です。

薬剤師がMRの仕事につく良い面

薬剤師の方で、薬局や病院ではなくMRとして働きたい方のいい面をお話します。MRは、薬局や病院よりも初任給が高いのが特徴です。新卒1年目から、高収入をもらえるとして業界では有名になっています。MRは、薬剤師でなくても就職ができるのですが薬剤師のほうが知識が高いので仕事がしやすいと言われています。専門的な薬の効果や効能について、学生時代にしっかりと勉強したことは強みになります。
医療機関への営業なので、ある程度の時間の融通がきく会社もあります。常に上司から監視されているという雰囲気がきらいな人には、むいている職業です。
文系の大学生がMRという職業を選んで、転職したくなっても難しい面があります。しかし薬剤師は、もしもMRが自分に向いていないとわかってもドラッグストアなどに転職が可能です。資格を持っているからこそ、チャレンジができます。転職したくても家族がいる方は、迷っている方がほとんどです。しかし薬剤師は、チャレンジしやすい職業なのです。
もしも転職するときは、薬剤師専門の転職サイトのほうがMRは見つかりやすいです。ハローワークや求人誌には、あまり出ていない職種なので注意が必要です。残業や接待が多いというイメージがありますが、担当者に職場環境がいい働き先を聞くことができます。

お知らせ

2017.11.20
一般的なMR職の待遇や条件を更新。
2017.11.20
MRの就職事情を紹介を更新。
2017.11.20
医療専門の特殊セールスを更新。
2017.11.20
知りたいMRの現場を更新。