MRの就職事情を紹介

MRになる為に必要なこと

病院に出向き、薬の取扱いをすすめる仕事をするMRですが、どのようなタイプの人が向いているのでしょうか。
MRはたくさんの医薬に関する知識が必要になります。特に薬学部を卒業していなくてもなれるのですが、やはり覚えるのが得意な人の方がいいでしょう。薬に関する仕事だからと理系の人の方がいいような気がしますが、実はMRは文系の人の方が多いのが事実です。文系だからと諦めてしまうのはもったいありません。
MRには膨大な量の知識の他に、コミュニケーション能力の有無がとても重要になってきます。MRの仕事は、薬の営業のようなものでもあります。いかにその薬の良さを病院の先生にアピールできるかが大事なのです。ライバルである他の製薬会社のMRも、日々先生のもとを訪れます。その中でも少しでも差をつけ先生と親交を深める為には、コミュニケーション能力の高さが必須となるのです。
出向く先は総合病院や診療所など、大小さまざまな病院です。忙しくてアポイントをなかなかとれない先生もいますが、日頃から親交を深めておくことで、この人ならと少し融通をきかせてもらえるかもしれません。MRを目指している人は、机に向かって勉強を頑張るだけではなく、日頃からコミュニケーション能力を高めておきましょう。

MRには中途採用も多い

企業に就職したものの、専門性の高いMRの仕事に就いてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。まだ諦めるのは早いかもしれませんよ。病院に出向き薬の説明や販売をすすめるMRですが、新卒採用だけではなく、実は中途採用も多いのです。
MRへ転職する人の年齢層は、だいたい25歳から35歳くらいといわれています。他の企業にいったん就職して、その会社の営業部門の仕事である程度の実績を残していれば、MRとしても歓迎される可能性があります。新卒の人にはフレッシュな若さがありますが、実際に営業としての即戦力には欠けてしまいます。その点、中途採用の人には豊富な経験があります。その経験を生かした即戦力としての期待が高いのです。
MRの魅力のひとつに給与の高さが挙げられます。新卒の未経験の人でも年収が500万というところも多数あります。そして、安定性のある仕事というのも大きな魅力でしょう。今営業の仕事をしていて、ある程度の実績を残せているという人がいれば、更なるステップアップとしてMRにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。MRに特化した求人サイトもたくさんあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。そこで、あなたの営業力が発揮できるかもしれません。

お知らせ

2017.11.20
一般的なMR職の待遇や条件を更新。
2017.11.20
MRの就職事情を紹介を更新。
2017.11.20
医療専門の特殊セールスを更新。
2017.11.20
知りたいMRの現場を更新。