医療専門の特殊セールス

MRのメリットと登録販売者

MRは、病院や調剤薬局などに出向き、医薬品の特徴や、効能や副作用について説明する人のことです。MRになるために特に資格はいりませんが、出来れば登録販売者と言う薬を販売する資格を持っていた方が良いです。
なぜなら、登録販売者資格があると薬に関する基礎的な知識を有しているとみなされるからです。さらに、資格を持っていてかつ業務で成績を挙げると昇給は大幅なものになります。
MRで働く際のメリットについては、様々ありますが、一番大きいことは営業能力が身に付くことであると思います。MRの相手方としては、病院勤務医や開業医があげられます。相手は、医療に関しては医学部を出て医師国家試験に合格しているものであるためプロです。自分より医学や薬学を知っているものに対して医薬品を売り込むことは容易なことではありません。しかし、成功した場合は、達成感を感じることができ、業務の中で自然と営業能力を身に付けることができます。
また、MRは特殊なものを営業の商品として取り扱うために、他の営業と比べて給与が高めです。そのため、生活自体は楽になります。しかし、成果主義であるため成績をあげることができないと苦しいことになります。常に医薬品についての新たな知識と、営業能力の向上が必要です。

MRにはどんな人が向いているのか?

人には向き不向きは確かにあります。これは職業を選択する時にも考えたい事です。事前にその仕事にはどんな人が向いているのか知っていると、職業探しもスムーズにできます。ここではMRの仕事が向いている人について見ていく事にしましょう。
【医療の世界に興味がある】
MRの仕事は医薬品について徹底的に精通している必要があるスペシャリストです。薬の作用、使用方法、副作用に関してなど勉強する事は多岐に渡ります。医療従事者とも話をしっかりとできないといけない事から、病気に関しての知識を十分に身に付けている必要もあります。
実際に薬の処方をする事はないので、薬学部出身である必要はありません。しかし薬学に関しての事を深く知る必要がある事から、医療に強い興味を持っている人が向いています。
【営業もできる必要がある】
薬剤師もMRも共に医薬品に関してのスペシャリストではあります。しかし、両者は違う点があります。薬剤師は病院や薬局に所属して薬を間違いないように処方する事が主な仕事です。対して、MRは製薬会社の医薬品メーカーに所属します。
そして、薬の知識を伝えながら病院に売り込む事が仕事です。つまりは営業マンとしての役割もあると言えるのです。売り上げを伸ばす事も考える必要があると言えるでしょう。

お知らせ

2017.11.20
一般的なMR職の待遇や条件を更新。
2017.11.20
MRの就職事情を紹介を更新。
2017.11.20
医療専門の特殊セールスを更新。
2017.11.20
知りたいMRの現場を更新。